SP水曜劇場通信

SP...STAGE PEOPLE 毎月第1・3水曜日午後8時より、演劇人珠玉のパフォーマンスの数々を 大阪・ウラなんばのフリースタイルスタジオ金毘羅からUSTREAM にて 配信中。

SP水曜劇場 第239回 應典院マンスリーライトシネマ『君の見てた世界』

舞台映像上映会&WEB放送番組 

SP水曜劇場  
毎月第1・3水曜日 午後8時 
 

SP水曜劇場-YoutubeLIVE


SP水曜劇場 第239回 應典院MLCオリジナル『君の見てた世界』

 【第239回上映作品】

 應典院マンスリーライトシネマ『君の見てた世界』

まもなく40代になる百合子と、20代なかばの絹子が交わし合うビデオレター。
未婚でキャリアウーマンな百合子と、既婚で出産を控えた絹子。
遠く離れた二人が淡々と報告し合う日常の中に、ある1年とある1日の青春の軌跡が描き出される

應典院マンスリーライトシネマが贈るオリジナル映像作品、SP水曜劇場に登場!
ご期待下さい!!

【監督・脚本】
戒田竜治(満月動物園)

【出演】
西原希蓉美(満月動物園)・浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)・田所草子(テノヒラサイズ)

 

【司会武信貴行・西川さやか


【上映概要】 

 ①場所 大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」
  
 ②日時 2020年4月1日(水)20:00〜  
    (再放送2020年4月2日(木)~4月8日(水) 平日・土曜23:00~、日曜13:00~)

                       ※ 上演時間 約1時間15分

                     (上映時間45分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)

                       ※ 配信URL↓

https://www.youtube.com/channel/UCBv04rKxaZiWGrYLe8jaFwQ


 ③入場料金  無料・カンパ制

f:id:take-noble:20200326163559j:plain

SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その228・90年会『僕らだって、ヒーローだ』

SP水曜劇場・第238回・90年会『僕らだって、ヒーローだ』上映終了致しました!
公演中止の危機に立ち向かう6人の俳優たちを描くコミカルな半ドキュメンタリー群像劇お楽しみ頂けましたでしょうか?
多少の事はさておいてでもなんとか公演を実現しようとする俳優陣たちの熱気と前向きさが観る人を明るい気分にさせてくれる隠れた名作です!

上映中に皆様から頂いたツイッタブル・ツイートをコチラにまとめてありますので是非ご覧くださいませ。

togetter.com


本作品は3月19日(木)~3月25日(水)に再放送( 平日・土曜23:00~、日13:00~)をお送りします。
↓是非こちらのYou Tubeチャンネルにご登録(無料)の上ご視聴下さい!

www.youtube.com


そしてSP水曜劇場恒例のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ! 

f:id:take-noble:20200319113328j:plain

チョークアートNo.21890年会『僕らだって、ヒーローだ』です!

恒例のnookworksさんが急遽の作品変更にも関わらずフライヤーの写真を可愛らしい似顔絵にして再現してくださいました。
カラフルな色使いが作品の明るさにぴったりです!
ゲストの木下航さん、出田英人さん、あと実はゲストも兼ねてた大牧ぽるんさんと記念撮影!

f:id:take-noble:20200319112937j:plain

こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。

https://ux.getuploader.com/sp_theatre/

上記のアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。 

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪

SP水曜劇場 第238回 90年会『僕らだって、ヒーローだ』

2020年3月18日の題238回SP水曜劇場は遊劇舞台二月病『shadow』を予定しておりましたが、3月末に予定されていました遊劇舞台二月病の次回公演の延期に伴い内容を変更し90年会『僕らだって、ヒーローだ』をお送りいたします!

 

舞台映像上映会&WEB放送番組 
SP水曜劇場  
毎月第1・3水曜日 午後8時 
 

SP水曜劇場-YoutubeLIVE


SP水曜劇場 第238回 90年会『僕らだって、ヒーローだ』予告

 【第238回上映作品】

90年会『僕らだって、ヒーローだ』

「27歳」そんな歳で自身の信念のもと芝居をしている6人の役者。
とある公演で出会い、友となり、自然な流れでユニット立ち上げと相成った。
日々の討論、迷いなども乗り越えた先【本番日】の2週間前。
僕たちは大きな壁にぶつかった…

上演を予定していた戦隊ヒーロー・仮面ライダーをモチーフにした作品が無許可だったことに端を発する上演中止!

立場の違う6人の俳優たちが様々な壁を乗り越えて一つの公演を作りあげる様を描いた群像劇!

90年会が贈る半ドキュメンタリーコメディの傑作、SP水曜劇場に登場!
ご期待下さい!!

【作・演出】
出田英人、木下航(熊の宅急便企画)、大牧ぽるん(激団しろっとそん)

【出演】
池永百花、出田英人、大牧ぽるん(激団しろっとそん)、木下航(熊の宅急便企画)、坂元恭平(ProductionDayze)、前田郁恵

 

【司会武信貴行・西川さやか


【上映概要】 

 ①場所 大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」
  
 ②日時 2020年3月18日(水)20:00〜  
    (再放送2020年3月19日(木)~3月25日(水) 平日・土曜23:00~、日曜13:00~)

                       ※ 上演時間 約1時間45分

                     (上映時間75分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)

                       ※ 配信URL↓

https://www.youtube.com/channel/UCBv04rKxaZiWGrYLe8jaFwQ


 ③入場料金  無料・カンパ制

 

f:id:take-noble:20200316045531j:plain

 

2020年3月18日・遊劇舞台二月病『shadow』上映と配信の予定変更のお知らせ

2020年3月18日の題238回SP水曜劇場は遊劇舞台二月病『shadow』を予定しておりましたが、3月末に予定されていました遊劇舞台二月病の次回公演の延期に伴い内容を変更いたします。
悪しからずご了承くださいませ。


どのような内容に変更してお送りするかは現在策定中です。
決まり次第お知らせさせていただきます。


何卒よろしくお願いいたします。

 

 

舞台映像上映会&WEB放送番組 
SP水曜劇場  
毎月第1・3水曜日 午後8時 
 

SP水曜劇場-YoutubeLIVE

 

youtu.be

 【第238回上映作品】

遊劇舞台二月病『shadow』

その頭の良い女性はそろばんをはじいていた。「願いましては」と繰り返し、せめて人並みの生活を手に入れたいと願い続けていた。しかし、家計の苦しさから進学を断念した。同級生たちと離れ離れになり、「もしも進学していれば」と、明るいはずだった未来への妄想はさらに明るく膨らんでいった。それは次第に、僻み、妬み、嫉みに変わり、世に対する怒りへと姿を変える。TVのトレンディドラマでは、赤いスポーツカーを乗り回すカッコいい女性の姿、本当ならば自分が乗っているはずだった。どこで歯車が狂ったのか。
時はことなり、おせきという女性がいた。おせきは影を踏まれると寿命が縮むという迷信から、自身の影を映し出す明かりを恐れ、暗い部屋に閉じこもるようになった。次第に、外出すると殺されてしまうという確信へと姿を変える。外に出ると私の影は化け物へと姿を変え、きっと私を殺してしまうだろう。しかし、このままでは、私は部屋の暗がりの中で生を終えてしまう。さて、どうしたものか。
女性は多額の借金を背負い、赤いスポーツカーを購入する。これさえあれば幸せなハズだ。
おせきは、自分に言い寄る男とともに部屋をでて外を見る事を決意する。暗がりの中で死ぬのも、自分の影に殺されるのも同じである。もしかすると大丈夫かもしれない。
女性はスポーツカーで道行く女子高生に声をかける。誘拐殺人を思いついたのである。
おせきの影はやはり化け物の姿になる。
女性とおせきはお互いの影であり、自分自身である。自分の取った選択は、やはり間違いであった。でも、こうするしかなかったし、行動したことは後悔ばかりではない。自分だけはそう思わなければいけないと自分に言い聞かせた。
遊劇舞台二月病が実在の事件を元に贈る「一人」の女性の「群像劇」、SP水曜劇場に登場!
ご期待下さい!!

【作・演出】中川真

【出演】
石田麻菜美、武田真悠、橋本達矢、松原佑次、三村優里花、ルーデルマン大地、中村ユリ(魚クラブ)、古川智子(劇団大阪新撰組)、本多信男(カラ/フル・劇団大阪新撰組

 

【司会武信貴行・西川さやか


【上映概要】 

 ①場所 大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」
  
 ②日時 2020年3月18日(水)20:00〜  
    (再放送2020年3月19日(木)~3月25日(水) 平日・土曜23:00~、日曜13:00~)

                       ※ 上演時間 約2時間分

                     (上映時間90分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)

                       ※ 配信URL↓

https://www.youtube.com/channel/UCBv04rKxaZiWGrYLe8jaFwQ


 ③入場料金  無料・カンパ制

 

f:id:take-noble:20200310155637j:plain

SP水曜劇場 第238回 遊劇舞台二月病『shadow』

舞台映像上映会&WEB放送番組 
SP水曜劇場  
毎月第1・3水曜日 午後8時 
 

SP水曜劇場-YoutubeLIVE

 

youtu.be

 【第238回上映作品】

遊劇舞台二月病『shadow』

その頭の良い女性はそろばんをはじいていた。「願いましては」と繰り返し、せめて人並みの生活を手に入れたいと願い続けていた。しかし、家計の苦しさから進学を断念した。同級生たちと離れ離れになり、「もしも進学していれば」と、明るいはずだった未来への妄想はさらに明るく膨らんでいった。それは次第に、僻み、妬み、嫉みに変わり、世に対する怒りへと姿を変える。TVのトレンディドラマでは、赤いスポーツカーを乗り回すカッコいい女性の姿、本当ならば自分が乗っているはずだった。どこで歯車が狂ったのか。
時はことなり、おせきという女性がいた。おせきは影を踏まれると寿命が縮むという迷信から、自身の影を映し出す明かりを恐れ、暗い部屋に閉じこもるようになった。次第に、外出すると殺されてしまうという確信へと姿を変える。外に出ると私の影は化け物へと姿を変え、きっと私を殺してしまうだろう。しかし、このままでは、私は部屋の暗がりの中で生を終えてしまう。さて、どうしたものか。
女性は多額の借金を背負い、赤いスポーツカーを購入する。これさえあれば幸せなハズだ。
おせきは、自分に言い寄る男とともに部屋をでて外を見る事を決意する。暗がりの中で死ぬのも、自分の影に殺されるのも同じである。もしかすると大丈夫かもしれない。
女性はスポーツカーで道行く女子高生に声をかける。誘拐殺人を思いついたのである。
おせきの影はやはり化け物の姿になる。
女性とおせきはお互いの影であり、自分自身である。自分の取った選択は、やはり間違いであった。でも、こうするしかなかったし、行動したことは後悔ばかりではない。自分だけはそう思わなければいけないと自分に言い聞かせた。
遊劇舞台二月病が実在の事件を元に贈る「一人」の女性の「群像劇」、SP水曜劇場に登場!
ご期待下さい!!

【作・演出】中川真

【出演】
石田麻菜美、武田真悠、橋本達矢、松原佑次、三村優里花、ルーデルマン大地、中村ユリ(魚クラブ)、古川智子(劇団大阪新撰組)、本多信男(カラ/フル・劇団大阪新撰組

 

【司会武信貴行・西川さやか


【上映概要】 

 ①場所 大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」
  
 ②日時 2020年3月18日(水)20:00〜  
    (再放送2020年3月19日(木)~3月25日(水) 平日・土曜23:00~、日曜13:00~)

                       ※ 上演時間 約2時間分

                     (上映時間90分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)

                       ※ 配信URL↓

https://www.youtube.com/channel/UCBv04rKxaZiWGrYLe8jaFwQ


 ③入場料金  無料・カンパ制

 

f:id:take-noble:20200310155637j:plain



SP水曜劇場 今日のウェルカムボード その227・りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』

SP水曜劇場・第237回・りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』上映終了致しました!
同じ脚本なのにキャストの違いで全く印象の変わる大人の会話劇、お楽しみ頂けましたでしょうか。

上映中に皆様から頂いたツイッタブル・ツイートをコチラにまとめてありますので是非ご覧くださいませ。

togetter.com


本作品は3月5日(木)~3月11日(水)に再放送( 平日・土曜23:00~、日13:00~)をお送りします。
↓是非こちらのYou Tubeチャンネルにご登録(無料)の上ご視聴下さい!

www.youtube.com


そしてSP水曜劇場恒例のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ! 

f:id:take-noble:20200304215158j:plain

チョークアートNo.217・りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』です!

フライヤーの似顔絵を切り絵とチョークアートでめっちゃ細かく再現してくださいました。
一瞬印刷かと観間違う勢いw
ゲストの山本祐也さん、水木たねさんと記念撮影!

f:id:take-noble:20200205221804j:plain

こちらのチョークアートを使ったスチルを会場にお越しいただいた皆様にはご来場者プレゼントとしてダウンロードして頂けます。

https://ux.getuploader.com/sp_theatre/

上記のアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

サイズはチョークアート画像はPCサイズ(1920×1080)、iPhoneサイズ(640×1136)、通常携帯サイズ(480×854)の3サイズになっております。 

鑑賞の記念に皆様、是非DL下さいませ〜♪

SP水曜劇場 第237回 りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』

舞台映像上映会&WEB放送番組 
SP水曜劇場  
毎月第1・3水曜日 午後8時 
 

SP水曜劇場-YoutubeLIVE

 


SP水曜劇場 第237回 りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』

 【第237回上映作品】

りゃんめんにゅーろん『優しい顔ぶれ』

男はどこまでも妻に献身的に尽くす。
妻は病床が重いようで、その言葉が客席まで聞こえることはない。
男の一人芝居のように、淡々とつぶやきにも似た言葉が重ねられる。
男は近況を報告する。近況の共有こそが、ふたりの、ささやかなエンターテイメントなのだ。
愛人の女は生命力に満ちている。
男の仕事は忙しく、愛人である女の献身がなければ、妻の看病が困難なのだ。
二人の関係は、お互いを理解したうえで、危うい線のうえを、そっと歩いていようだ。
妻は何も語れないし、女も何も語らない。

淡白な時間の中、それぞれの想い、あるいは環境が、にじみ出る短編のキャスト違い2ver、SP水曜劇場に登場!
ご期待下さい!!

(当日はあるか→アるかはお休みですが地下の金毘羅は空いております。いつもどおりお入りください)

 

【作・演出】南出謙吾

【出演】
とだ直史(劇団Bee-ple)/水木たね/山本稚奈

 

【司会武信貴行・西川さやか


【上映概要】 

 ①場所 大阪市ウラなんば・ビアバル・あるか→アるか地下「金毘羅」
  
 ②日時 2020年3月4日(水)20:00〜  
    (再放送2020年3月5日(木)~3月11日(水) 平日・土曜23:00~、日曜13:00~)

                       ※ 上演時間 約1時間35分

                     (上映時間65分・本篇前後に各15分程度のトーク・予告あり)

                       ※ 配信URL↓

https://www.youtube.com/channel/UCBv04rKxaZiWGrYLe8jaFwQ


 ③入場料金  無料・カンパ制

 

f:id:take-noble:20200227134223j:plain