SP水曜劇場通信

SP...STAGE PEOPLE 毎月第1・3水曜日午後8時より、演劇人珠玉のパフォーマンスの数々を 大阪・ウラなんばのフリースタイルスタジオ金毘羅からUSTREAM にて 配信中。

応典院にて

応典院の御住職がかの有名な映画プロデューサーの秋田光彦氏であるというのは知る人ぞ知る事実ですが、本日はその応典院で石井聡互監督の映画の上映会があるということで家族で出かけてきました。
観たのは「逆噴射家族」です。
実はウチにATGビデオ文庫版のVHSで持ってるんですが時間的にここがベストだったのでw
上映前のプレトークが石井監督、秋田住職、「追悼のざわめき」の松井良彦監督のお三方で行われたんですがどっちかというとこちらが目当てみたいな所も。

実は15年位前に舞踏集団の白虎社のボランティアスタッフやってた時に一度合宿のゲストに来られた石井監督にお会いしたことがあるんですが当時と全く変ってなくて吃驚しました。
まだ三十代でも通用しそうな外見でサイボーグちゃうんかと
厳しい製作条件の中で熱意で突っ走ってた・・・というお話を聞いてるうちに自分が自主映画作ってた時のことをちょっと思い出しました。
金無かったなぁ、とかw
金だけじゃなくて、将来の展望とか日々の安息とか人望とかも無かったなぁとかw
あの頃に比べたら今の自分の環境は滅茶苦茶恵まれているんですが最近その辺のことに対する意識が低下しておりました(;^_^A
ちょっとしんどいくらいで後ろ向きになってたらイカンですね。
やっぱり感謝の気持ちを礎にして更に頑張る位じゃないと良い物は作れん!
・・・多分。